エフロって何?ってなる方も多くいらっしゃると思います

投稿日:

どうも月曜日の柴山です!
すっかり暑くなってきてもう半袖でもいけそうなぐらい昼間は暑いですね!
そしてこの時期がくるとやはり梅雨がやってくるなと思う季節です( ; ゚Д゚)
施工中のお客様には雨天のため現場が予定通り進まなくなってくるかと思いますのでご了承を頂けたらなと思います!

さて今回は最近よく「これ」を落として欲しいとご相談され、の声が出て来ていますのでちょっとお話させて頂いこうかと思います!
それは何かと申しますと、、エフロです!
エフロエッセンス
エフロって何?ってなる方も多くいらっしゃると思いますがタイルのコンクリートや目地などでよく見られる白くなる「あれ」の現象の事です!
目地から白い エフロ 中山コーティング
エフロの出来る原因と考えられてるのがセメントの主成分である石灰分(炭酸カルシウム(CaCO3))が酸性雨や空気中に含まれている二酸化炭素(CO2)と
化学的に反応して溶け出し、液体として素材表面に現れたものが水分が蒸発した際に素材表面で炭酸カルシウムが再結晶化したものと言われています( ゚ロ゚)!!少し難しいですよね(ToT)ちなみにエフロの正式名はエフロレッセンスと言います!

建物の日陰や北側にエフロレッセンスが多く観察されることが分かります。特に秋から冬にかけては増殖しやすく、エフロレッセンスと温度には密接な関係があることが予測できます。実はエフロレッセンスは、温度が低い方が起こりやすいのです。温度が低いと水酸化カルシウムが水に溶けやすく、しみ出した溶液からエフロレッセンスが析出するためには、ゆっくり乾燥されたほうがいいのです。そのため秋から冬にかけてエフロレッセンスが発生しやすくなります
とくしま 中山コーティング 塗装
この症状を完全に除去するのは難しいと考えられてます!
ですが見た目と出にくくする方法は色々あります!

中山コーティングではそういった事もお客様からのご要望があれば対応させて頂きますのでお気軽にご相談下さい(^_^)
スケールメリットという材料でエフロの部分にかけると表面から泡がブクブクとらなりそれを削っていくことでエフロを落としていくと綺麗になっていきます。
昔のやり方だと塩酸をかけて落とす方法があった見たいです(^-^)/
バーナーで落とす方法もあるみたいです!実はこのやり方が早く綺麗になるようです( ゚□゚)
ただやはり雨水が原因だったりと防ぎようのないものが原因と考えられてるので根元を絶つのはやはり難しいそうです(゚з゚)
ちょっと難しい話になりましたが今回はこの辺で失礼します!
以上柴山でした!!

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ