徳島でフッ素を塗る前に その①ルミステージ

投稿日:

樹脂製造元で各塗料メーカーに樹脂を卸している
AGCでおなじみの旭硝子
AGC フッ素塗料 旭硝子

ルミステージは、原料にAGC旭硝子のフッ素樹脂ルミフロンを使用し、その樹脂をAGCコーテッック株式会社が塗料化したフッ素樹脂塗料。
この塗料は、AGC旭硝子から認められた認定施工店のみが使える塗料です。

フッ素なので紫外線に強く、雨水で汚れを洗い流すセルフクリーニング機能や防カビ、防藻の機能があります。
耐久性も1015年と長く、長期で見るとコスト的にもお得な塗料です。


落ち着いた雰囲気を醸し出す完全艶消し。



ルミステージが高い耐久性を持っているのは、紫外線に強いフッ素樹脂が原料として使用されているからです。



また、原料となる塗料用フッ素樹脂は、フッ素樹脂の中でも特に結合力が強いので、紫外線などの外敵を長期間にわたってブロックします。


ルミステージの塗膜は水になじみやすい性質(親水性)を持たせているので、雨が降ると水膜が汚れの下に潜り込んで汚れを洗い流してくれます。
このセルフクリーニング機能によって、すじ状に黒ずむ「雨すじ汚れ」防ぐので住まいの外観をキレイなまま保てます。



セルフクリーニング機能によって、カビや藻が付着しにくくなっているうえに、防カビ・防藻剤を添加しているので、長期間にわたって住まいの外観を美しく守ります。



ラジカルとは、顔料(塗料の色などの元になっている成分)に含まれている「酸化チタン」が強烈な紫外線や雨風などに当たり光触媒反応によって発生してしまう物質のことです。

このラジカルは塗料の耐久性を保つ「樹脂」を分解してしまう性質があり、塗膜劣化の原因物質とされています。

ルミステージGTは塗料(白顔料)に含まれる「酸化チタン」をコーティングすることで、ラジカルによる塗膜部劣化の低減に成功。
【従来の塗料の場合】
白顔料(酸化チタン)の光触媒反応でラジカルが発生し、塗膜を破壊してしまいます。

【ルミステージGTの場合】

白顔料(酸化チタン)をコーティングすることによって、光触媒反応を起こりにくくしラジカルによる塗膜の劣化を抑制することに成功しました。

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ