「セキスイ かわらU」 アスベスト?ノンアスベスト?

投稿日:

中山コーティングスタッフブログ金曜日担当!
井内です♪♪本日もどうぞよろしくお願いします!
本日もやってまいりました!雨漏り調査!
もともとはあ屋根の塗装をご希望でお伺いしたのですが…
お話をお聞きすると雨漏りしているとのこと。
塗装で雨漏りは直りませんので、早速雨漏り調査を提案。
そして…屋根を見てビックリしてしまいました…僕。
セキスイU瓦 アスベスト 徳島中山コーティング セキスイU瓦 アスベスト 徳島中山コーティング 徳島セキスイU瓦 アスベスト 中山コーティング
こんな状態でした。
代表がよく、バームクーヘンの様にボロボロ崩れてくる瓦があるから、
そういうのは塗っても意味がない。そこを見分けるのが重要だ。
と言っているのですが…
こちらもその1種。「セキスイ かわらU」 というものになります。

こちらの瓦はアスベスト使用を法律で制限された後に開発されたノンアスベスト製の瓦になります。
重ね葺き、葺き替え専用瓦として発売されていたものらしいのですが…
どうやら調べていくと、1975年~1990年8月までに製造されていた かわらUはアスベストが使用されているものなのでしっかりしていてメリットも多く安心のようです。
しかしそれ以降から販売中止の2007年までに製造されていたかわらUはノンアスベストに該当します。
ノンアスベスト化により頑丈さが失われ、様々な不具合を起こしてしまう状態です。

それこそすぐボロボロ崩れ塗装ではどうにもなりませんし、上に乗ってしまうとかなり割れやすいです。
なので、このように塗装で耐久力を維持できるもの、維持出来ない物の見分けが重要だってことを代表は伝えたいのですね…。
本日調査によって、雨漏りの特定は出来たので次は実際に施行に取り掛かるのですが…  ではこちらのかわらU どの様に施行するべきなのでしょう…?
やはり葺き替えがBESTだと言えるでしょう!
以前に僕のブログでもざっと紹介させていただきましたが瓦を一度撤去し、新しくガルバリウム鋼板等に取り替えを行う作業です!
塗り替え不可能な瓦を塗りますとは口が裂けても言えません。なのでその際に提案させていただく工法に納得、ご決断していただければと思っております!

もっと身近なもので言うとアルミです。
弊社ではお願いされない限り、アルミも塗装を行いません!!
お願いされても、すぐに剥がれてきてしまうのでお勧めしませんとお伝えし、それでも現状だと気になって満足いかないという方は塗装を行っております。
今後も僕自身、そういった見極めをしっかり出来るように知識をしっかり身につけていきたいと思います!
本日もここまで読んでくださりありがとうございました!!

そして!!
7月、9月に大好評だったLIXILさんと共同で行わせていただくセミナーが!!
なんと!♪♪

☆12月にも行われます!!
徳島市 勉強会 中山コーティング
たくさんの再開催のご要望ありがとうございます!
日付は 12/9・10 の土日に行わせていただきます!
しっかりと知識を身につけることに無意味な事などありませんので、是非気になった方はご連絡お待ちしております!!僕もまた、しっかり助手を努めさせて頂きますので!♪
それでは今日はこの辺で( ᵕᴗᵕ )
失礼致します!✨✨

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ